« 勉強 | トップページ | 言葉 »

2007年1月10日 (水)

鉛筆と消しゴム・・・


息子に送られてきたリクルート進学辞典2007の中に現役の先生の進路に対するアドバイスがあった。


将来に対する不安や毎日のストレスから、お子さんが進路について積極的に考えられないときは多々あります。
それをせき立てたり、責めたりすれば、「じゃ、どこでもいい!」となりかねません。
焦ることなく、普段から、時々問いかけておくことです。
幼いときに興味を持っていた仕事や、お子さんの得意に目を向けて「こんなのは?」と促してみるのも良いことです。
その興味関心がコロコロ変わるのも高校生の特徴。非難せずに「今はそれに興味があるんだね」と受け止め、温存させたいものです。
「進路設計は鉛筆と消しゴムで書き直すもの」です。
お子さんと一緒に揺れ、考え、話し合ってみる余裕を持ちたいものです。

さすが、現役の先生、高校生の気持ちをしっかり理解している。生徒のことをよく観察して、包容力のあるアドバイスです。
関心が変わるのを優柔不断とマイナスで受け止めるのではなく、そんな年頃なんだからと温かく見守っている・・・いい先生だなあと思いました。

大人も間違えたと思ったら消しゴムで消せばいいんだ!

« 勉強 | トップページ | 言葉 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/4874806

この記事へのトラックバック一覧です: 鉛筆と消しゴム・・・:

« 勉強 | トップページ | 言葉 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ