« 渡り鳥 | トップページ | 冬のソナタはどなた? »

2007年1月23日 (火)

よみがえり


数年前、黄泉(よみがえり)という映画をやっていた。
SMAPの草なぎ君と竹内結子が出演していた。
内容は亡くなった愛する人がある日突然、姿を現し、驚かせる物語だ。

ほとんどの人は人間は死ぬと肉体だけでなく、心=魂も無くなってしまうと思っている。
この世は3次元、死後が4次元とすると3次元と4次元はらせん状に繋がっている。
3次元の終わりは4次元の始まり。
現在(いま)、地球はかぎりなく4次元へと近づいている。
だから近い将来、死んだ人と会える日がやってくる。
そして、人には死がない、生命が永遠であることを識ることになる。
そうすれば愛する人の死や自分の死を平常心で受け入れられる。
私はその日が一日でも早く訪れればいいと思っている。
3次元を4次元に早く近づけるには3次元の波動を上げるしかない。
世界を平和にするために毎日祈っている人たちがいる。
たくさんの人が祈れば祈るほど平和は早く訪れる。
願いが祈りになった時、世界は変わる。


世界人類が平和でありますように

« 渡り鳥 | トップページ | 冬のソナタはどなた? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/5044724

この記事へのトラックバック一覧です: よみがえり:

« 渡り鳥 | トップページ | 冬のソナタはどなた? »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ