« お年玉 | トップページ | 元気が出る方法 »

2006年12月26日 (火)

心に愛がなければ


私が中学3年の時に、受験勉強をしながら深夜放送のラジオを聴いていました。
そのなかに、心の灯火(ともしび)というキリスト教の番組がありました。
始まりの音楽と共に流れてくるナレーションが耳に残っていました。


心に愛がなければどんなに美しい言葉も相手の心に響かない(聖パウロ)

その時に生意気にも友達に出した年賀状にその言葉を入れていました。
その頃はなんとなくそうかなあと思っていただけでしたが、今になってその真意がよく判ります。
心のなかを愛で溢れさせてプラスでいっぱいにしていると言葉にしなくても、身体じゅうからよい波動がにじみ出てきます。
いつも自分がどんな波動を出しているのかチェックすると、自分のことを客観視出来るし、すぐに切り替えが出来ます。
宇先生は言葉を、奏でるような音楽の波動にすることを教えてくださいました。
男は間合い、女性は響きが大切だそうです。
その言葉の響きを音楽のように奏でて話をしている人は歌手の平原綾香さんだそうです。
確かに話し方や歌を聴いていると癒されますね。

« お年玉 | トップページ | 元気が出る方法 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/4681158

この記事へのトラックバック一覧です: 心に愛がなければ:

« お年玉 | トップページ | 元気が出る方法 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ