« 犬と人間 | トップページ | もうすぐクリスマス »

2006年12月18日 (月)

どっちもどっち

昨日、電車に乗っていたら、乗客の人同士がケンカをしていました。
ケンカの内容は判らなかったのですが、どちらが悪いかでもめているようでした。
幸い、片方の人の友達と思われる人が冷静で相手の人に謝って、事なきを得ました。
たいがい争いごとの原因は、何割方相手が悪い、だから自分が正しいとか、自分は悪くないだから相手を責めてもよいのだ、だと思われます。

確かに自分は100%正しくて、相手が100%悪い場合は腹も立つし、責めても誰にとがめられることもないでしょう。
だからといって、相手を責めてもスッキリしませんし、釈然としません。

私も人から、理不尽なことで責められたり怒られたときは相手の人を責めるか、腹を立てている自分をなさけなく思っていました。

私が愛読している老子講義は、清涼水のようにもんもんとした心を洗い流してくれます。
なぜならば、そこには真理が書かれているからです。

現在、誰かに、何かに腹が立っている人、附に落ちないまでもなるほどなあと思っていただければ幸いです。


自分の行為が正しくて、相手の行為が悪いのだから、自分が怒るのは当然だというような場合が随分ありますが、私のようにその人その人の過去世からの想念所業の判るものからみれば、その時には、確かにその人の方が正しく、相手方が百%悪いとしても、過去世からのお互いのやりとりを通算してみれば、正しいと思っている方のも、悪いところが沢山あったので、相手方がその人に悪く当たってくる理由も随分とあるわけなのです。

                        老子講義 五井昌久

これだけの文章でなるほどと納得することは難しいかも知れません。
しかし、自分は絶対に悪くないと主張してみても何の解決にもならない(気持ちの中で)のも事実です。


過去の結果が現在

« 犬と人間 | トップページ | もうすぐクリスマス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/4587999

この記事へのトラックバック一覧です: どっちもどっち:

« 犬と人間 | トップページ | もうすぐクリスマス »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ