« 子どもの教育 | トップページ | 目標 »

2006年12月 5日 (火)

自分の夢を客観的に言えること

あなたは自分の夢を客観的に言えますか?と聴かれたとき、明確に答えられるかと言えばまだハッキリしません。
客観的とは、肉体人間の自分をもう一人の自分が冷静にみている状態をいいます。
それは、3次元を超えて4次元にいる、宇宙的視野に立っていることになります。
その状態で夢を言えるということは、強い意志力が、エネルギーが働くことになります。
人に言わなくても、自分自身に言い聞かせていくと漠然ともやがかかっていたのが霧が晴れたように、
少しずつスッキリしてきます。
あー夢ってこうして実現していくのだなあーと判ったような気がします。

自分の夢を客観的に言うこと、毎日続けていこうと思います。

« 子どもの教育 | トップページ | 目標 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/4438632

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の夢を客観的に言えること:

« 子どもの教育 | トップページ | 目標 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ