« ブログは自己確認の場 | トップページ | こころの玉手箱 »

2006年11月 9日 (木)

反抗期

高校2年になる息子は一番難しい時期(中学2年から3年)は終えましたが、子どもと大人の中間で、自分探しに暗中模索してふらふらしている状態です。
自分の考えが正しいのかわからないのに人の意見には素直に耳を傾けられない。
こんな時は親の考えを押し付けるのではなく相手を尊重しながら慎重に対応することが大切です。
以前、傲慢にも、こどもにいうことをきかそうとしてうまくいかず悩んでいた時に、宇(うー)先生からアドバイスをいただきました。
どうしていいか判らなくなった時に読み返しています。

1.口で説教してもだめ(意識がそこまでいってないと)
2.相手の話を聴く
3.判らすのではなく、判るまで待つ
4.叱る(怒る)のは奥さんにまかす
5.褒めることを無理にでも探す、なければ黙る
6.あなたは自分のことをしっかりする
7.相手を変えようとするのではなく、自分が変わる
8.聞いてくるまでしゃべらない
9.言えばいうほど反発する

« ブログは自己確認の場 | トップページ | こころの玉手箱 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/4126024

この記事へのトラックバック一覧です: 反抗期:

« ブログは自己確認の場 | トップページ | こころの玉手箱 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ