« こころの玉手箱 | トップページ | 向上心 »

2006年11月11日 (土)

悩むことと迷うこと

私の師匠である宇先生は悩むことはいいが迷うのはいけないとおっしゃいました。
私たちは悩むことはつらいこと、マイナスとして受け取っていますがある人がこんなことを本に書いていました。


どんな人にも悩みがあることを忘れないでください。病気の痛みに苦しむ人がいます。ある人は傷つけられ無視されて苦しんでいます。ある人は自分の能力の限界を超えられず苦しんでいます。みんなそれぞれ何らかの苦しみを抱えながら、最後には克服してゆくことが出来ます。苦しみや悩みがなければ、克服という体験も持ちえないのですから。悩みのない人は今生(こんじょう)に生まれて来はしない。この肉体を持って生まれてきたからこそ、病気になって痛みを感じることができる。この肉体で経験する意味に気づきましょう。

すごいプラス思考ですね。
というよりもしかして元々プラスなのを人間が勝手にマイナスに受け取っていただけなのかも知れません。
宇宙からは調和されたプラスのエネルギーしか降り注いで来ません。
それをおバカな頭でどうのこうの考えて歪めて解釈していました。


悩むのは目標を持って出口に向かって進むことが出来るが
迷ってしまってはそれが出来ない。
この世(あの世にも)にはマイナスなものなど何もない。
悩んでいる人がいたら早く克服できますようにと祈ってあげましょう。

« こころの玉手箱 | トップページ | 向上心 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/4144593

この記事へのトラックバック一覧です: 悩むことと迷うこと:

« こころの玉手箱 | トップページ | 向上心 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ