« バイク2 | トップページ | とらわれ »

2006年11月14日 (火)

マザーテレサは愛の反対は無関心だと言われた。
新聞のコラムでこの文を読んだ時思わすそうだよなあとうなずきました。
人は無視をされたときや存在感を否定されたときに自分の居場所を無くしてしまう。
友達が沢山いても、親や大人が近くにいてもみんな自分のことしか頭になくて人に対して無関心であればいないのと同じです。
親が子どもに関心があるのも子どもを中心としたものでなく、自分の関心を中心としたものであれば無関心と変わりがない。
「私はあなたを愛している」の私があればそれは自己愛であって本当の愛ではないそうです。
人は愛をより深く学ぶために生まれてきたのだそうです。
人と人とのふれあいのなかで無償の愛に出会えたときほど幸せを感じるときはありません。
それは自分というものが無くなってしまったときのような気がします。

« バイク2 | トップページ | とらわれ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/4180887

この記事へのトラックバック一覧です: :

« バイク2 | トップページ | とらわれ »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ