« 宇宙が味方する経営 | トップページ | うらない »

2006年11月 5日 (日)

三原色

宇宙が味方する経営の本のなかで「なるほど」と納得する文章があったので抜粋させていただきます。

昔の子どもというのは、真っ赤な太陽、真っ青な空と海緑したたる木々に囲まれて成長してきました。くっきりとした三原色にあふれた自然環境の中で、子どもたちは知らず知らずのうちに情操教育を受け、人間の情愛を育んできたのです。たとえば、赤は心や情愛を刺激して、子どもたちを温かい心の人間にすることを支援します。空の青は子どもの思考力を伸ばすとともに、宇宙の果てを想像させて、好奇心を刺激します。そして緑は調和や平和をイメージさせ、心の平静をもたらしてくれるのです・・・


最近、急に寒くなってこれから紅葉がきれいな季節になりますね。
電車に乗ってのんびりと、どこかの自然のなかに入っていきたいと感じる今日、この頃です。

« 宇宙が味方する経営 | トップページ | うらない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/4071934

この記事へのトラックバック一覧です: 三原色:

« 宇宙が味方する経営 | トップページ | うらない »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ