« 塾は簡単に行かせてはダメ | トップページ | 83 他人のせいにしない »

2006年11月15日 (水)

歯の健康法

年配の方とお話をしていて必ずといっていいほど出てくるのが歯の話題です。
皆さんご自分の歯を保っている人は少なく、入れ歯であったり、治療をされています。
「歯は大事だよ」、「自分の歯で食べ物を食べれるのがどれだけ幸せか」、「この年になってもっと歯を大事にしておけばよかったと思う」とよくおっしゃいます。
私も久しぶりに歯医者さんに行って歯垢を取ってもらい、レントゲンを撮ると歯茎(はぐき)が中度以上後退していて歯槽膿漏の手前だと言われました。
そして、予防法は食事の後に歯を磨くことと言われました。
しばらくして気功のセミナーで同席させて頂いた方とお話しする機会があり、良いことを教えて頂きました。
その方は60歳を過ぎた女性ですが若々しく、とてもそのお年には見えません。
そして歯がきれいで、伺うと治療した歯が一本もなく、健康そのものだそうです。
秘訣はやわらかい(柔らかければ柔らかいほど良い)歯ブラシで何も付けずブラッシングするのだそうです。
聞いた時に直感で「これはいい」と感じ今、励行しています。
ブラッシングしていると血行が良くなって歯茎が生き生きしてくるようです。
柔らかいブラシなので歯茎を傷めることもありません。
そのうち歯茎の肉が盛り上がってくるような予感がします。
歯が気になる方は一度試してみられたら?
なお、柔らかい歯ブラシを売っているところが少ないので根気よく探してみてください。

« 塾は簡単に行かせてはダメ | トップページ | 83 他人のせいにしない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/4194088

この記事へのトラックバック一覧です: 歯の健康法:

« 塾は簡単に行かせてはダメ | トップページ | 83 他人のせいにしない »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ