« 機械になりたい | トップページ | 反抗期 »

2006年11月 8日 (水)

ブログは自己確認の場

今日の日経新聞夕刊にブログについての記事がありました。面白かったので抜粋します。
書くことは自分を記録すること。記録しないと、漠然とした記憶やイメージだけですごしてしまう。文字で自分を対象化すると、新しい何かが見えてくる。現代人は情報を取り入れるだけで考えることをしなくなったといわれる。だが、ブログという手間をかけて書く行為が深く考える習慣につながれば素敵だなと思う。
                   劇作家、演出家 永井愛さん

私は月一回のペースで気功のセミナーに参加しているのですが色んな人のスピーチを聴くことが大変勉強になります。
話すことは放つを意味し、話していくうちにだんだんと心のなかのしこりが放たれていきます。

ですから話しの長い人は思いを貯めこんでいるようです。
書くことも自分を対象化(客観視)しその時点で話す(放す)ことと同じ効果があります。
昔から日本には日記や伝記など記録を残す習慣がありました。
放つとなぜいいのか?それは気持ちがすっきり、さわやかになるからです。
今、ブログが現代人に受け入れられているのも自然の流れなのかもしれませんね。

« 機械になりたい | トップページ | 反抗期 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/4113673

この記事へのトラックバック一覧です: ブログは自己確認の場:

« 機械になりたい | トップページ | 反抗期 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ