« 心配不要、これからよくなる | トップページ | あきらめるとあきらかになる »

2006年10月15日 (日)

地球の空の下で

私が音楽を聴くことはあの曲が聴きたいなあと思いついた時だけで普段はほとんど聴きません。
それも、ビリージョエルのオネスティー、素顔のままでをたまーに聴く程度でした。
音楽は気分を爽やかにスッキリしてくれるものがいいですね。
芸術も音楽も作った人がその時にどんな気持ちでいたのかがそのまま伝わってきます。
クラッシック音楽が今だにすべての音楽の基礎になっているといわれるのはそれらが天(宇宙)の響きを伝えているからだそうです。
一点の曇りもない、だから時代に関係なくいつまでも聴かれ続けられる。
私が今、気に入って毎日聴いている曲があります。
毎日聴いてもあきない、パソコンの前に座って頭が詰まってきた時にお世話になっています。
空からの響きがそのまま伝わってきます。
なにかなつかしい感じのする、優しい曲です。
仕事で疲れている人、スッキリしたい人是非、聴いてみてください。
NHKのみんなのうたで流れていました。

チグエソ地球の空の下で うた:ユ・ヘジュン (株)ポニーキャニオン

« 心配不要、これからよくなる | トップページ | あきらめるとあきらかになる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/3810030

この記事へのトラックバック一覧です: 地球の空の下で:

« 心配不要、これからよくなる | トップページ | あきらめるとあきらかになる »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ