« 自立させること | トップページ | 宇宙人は誰だ »

2006年10月26日 (木)

昨日、妻がパートから帰ってくるなり「見た、見た今日、空がとってもきれいやったでしょ」といってきました。
なんでも絵の具のような、鮮やかな水色をしていたんだそうです。
残念ながら見るチャンスはあったのに見逃してしまいました。
空をじっとみていると普段と違う自分になって、意識は空の中に溶け込んでいるような感覚になります。

以前、ノルマ(数字)の厳しい会社で働き、疲れ果てて、家でボーとしていた時に洗濯物を干している妻に「なあ、どんなときに幸せだと思う?」と聞いたことがありました。
妻は手を動かしながら「そうやねぇ、空がカラッと晴れてお布団がふかふかになったときかなあー」と笑いながら楽しそうに答えました。
私はしばらく、ぼうぜんとめずらしいものをみるかように妻を観ていました。

そのときの自分は忙しさに振り回されて大事なことを忘れていました。
そして妻の素晴らしい感性に感動したのを覚えています。

« 自立させること | トップページ | 宇宙人は誰だ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/3957836

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 自立させること | トップページ | 宇宙人は誰だ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ