« 目的 | トップページ | 原因と結果 »

2006年10月20日 (金)

自分はどこから来たのか?

最近、私の文の中には宇宙が頻繁(ひんぱん)に出てきますが、自分の意識を宇宙に合わせると潜在意識のなかで眠っていた無限の能力が働きだします。
なぜなら宇宙は自分の故郷であり自分自身であるから・・・なんて聞いてもピンと来ませんよね。
私も初めは理解出来ませんでした。

でもピンとこない、分からないからとそのままにしていると必ず行き詰まります。
パソコンも分からないことをそのままにしていたら先行き不安になって混乱します。
自分はどこから来て死んだらどこに行くのか?一番大事なことです。
わかっていなければ安心して自信を持って生きられない。と私は思います。
ここに、人間の原点を書いたわかりやすい文章がありますのでご紹介します。


人間はこの肉体身を肉体を持った父母から生まれ育てて戴きます。
ですから父母は肉体身の親であり恩人であることに間違いはありません。
しかし、父母の生命も子供の生命も父母自身がつくったものでもありません。父母の祖先の祖先のずーとさかのぼった祖先から分けられたものであり、その祖先もどなたからいただいたものであります。そのどなたかは生命の基であり、大生命絶対者とでもいおうか、人類の発生しない昔の昔から大宇宙に生き続けている生命であり、大智慧、大能力の絶対者こそ、私どものすべてのすべてであるのです。

この大智慧、大能力の絶対者のことを昔の人は神と呼びました。
お釈迦さまは菩提樹の下で座禅を組んでいるときに自分がかつて金星(地球よりずっと進化した星)にいたことを思い出し、金星の高い意識を人々に伝えました。

宗教とは宇宙を示す教えという意味だそうです。
宗教も現在(いま)は人間の勝手な都合でたくさんの宗派に分かれていますが、基はひとつなのです。
地球が平和になるときは宗教は必要なくなるそうです。
早くそうなればいいですね。

« 目的 | トップページ | 原因と結果 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/3896465

この記事へのトラックバック一覧です: 自分はどこから来たのか?:

« 目的 | トップページ | 原因と結果 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ