« 地球の空の下で | トップページ | 苦手と得意は紙ひとえ »

2006年10月16日 (月)

あきらめるとあきらかになる

どうしても思い通りにいかないとき、自分の意思が伝わらない時はなんとかしようとか、相手を納得させようと焦ったりするとうまくいきません。
焦るは焦げ付くと同意語であり止まって固まって焦げてしまいます。
そんな時は、そこから意識をはずしてしまうと流れ出して気が付くとうまくいっていることがあります。
以前、私は外資系の保険会社で営業の仕事をしていたのですが、プレゼンテーション(交渉)がうまくいって期待していると断りの返事があったり、逆に手応えがないから駄目だとあきらめていた先から契約したいと思わぬ電話があったりして、いったいこれはなんなんだろうと首をひねったものでした。
つまり結果を気にして、もんもんとしていると川に大きな石を置いている状態になる。
そしてうまくいくものも行かなくなる。
だから自分がある目的で行動を起こした時、いつまでも思いをそこに留めなくて川の流れのようにサラサラと流していくことが大切なんですね。
良いことも悪いことも過去を振り返らず前に向かって進む。
今やるべき事を一生懸命にやる。
やるべきことをやった後は天におまかせして、結果を求めず思いを放つ(あきらめる)、するとうまく流れて未来はあきらかになる。


明日という字は明るい日と書くのねー♪この歌を知っている人は結構・・・ですね。  

  

« 地球の空の下で | トップページ | 苦手と得意は紙ひとえ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/3826908

この記事へのトラックバック一覧です: あきらめるとあきらかになる:

« 地球の空の下で | トップページ | 苦手と得意は紙ひとえ »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ