« 苦手と得意は紙ひとえ | トップページ | 目的 »

2006年10月18日 (水)

アインシュタインは偉い人

アインシュタインは相対性理論が有名ですが、私には難しいことはよく判りません。
ただ、ある書物で宇宙観を述べた文章が私の心を打ちました。ご紹介します。

「人間は宇宙と呼ばれる全体を構成する一部であるが時間と空間の枠に閉じ込められているために独立した自分が考えたり感じたりするものと理解する。この理解は想念に生じた一種の幻像であって、我々の意識に対して牢獄のような作用をし、我々を自分の欲していることにのみに気を配ったり、身近の人々のみ愛情をそそぐようにしてしまう。
我々の使命は自分の意識をこの牢獄から解放し、すべての生物やすべての自然をあるがままの美しさで抱擁するまで自分の愛念の及ぶ範囲を拡げることである。これは非常に難しい仕事で誰にも成就できないがその努力は自分を解放する道を歩むことであり、心の落ち着きをつちかうことである。」

私たちは自分と他人は別々に存在していていると信じて、対立したり、争ったりしていますが、本当は空が一つであるように意識(こころ)もつながっていて一つなんですね。
私たちが何かに感動する時、こころが一つになって目にみえない宇宙のエネルギーが動きだす。
私たちが忘れて眠っていた遺伝子が目覚めて喜んでいるのですね。

これから地球は分離の時代から融合の時代へと変化していきます。
宇宙はこの分離と融合の繰り返しで進化しているそうです。
素晴らしい時代がもうすぐ来ます。楽しみですね。♪

« 苦手と得意は紙ひとえ | トップページ | 目的 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/3866084

この記事へのトラックバック一覧です: アインシュタインは偉い人:

« 苦手と得意は紙ひとえ | トップページ | 目的 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ